育った環境と、家族への思い

我が家で一番つらい思いをしていたのは誰だったのか。
  • 後天性の視野障害になった父、料理長から指圧師へ
  • ダブルワークで朝から夜中まで働く母
  • 誕生日プレゼントや家族旅行が無かった子どもたち
小学校1年生の時、父が突然入院をすることになりました。
数日前から頭痛は感じていたようでしたが、ある朝起きようとすると身体が動かず、そのまま入院することになったのだそうです。その時のことを、まだ幼かった私は、あまり覚えていません。

そしてそのまま父は、後天性の視野障害となりました。

料理長として勤めていた職場に退職する意思を伝えると「あなたが居なくなるなら」ということで勤めていたお店は閉店することになりました。急な人生の転機となったのですが、父は家族を養うため、盲学校に通い、そこで鍼灸や指圧を学び、自身で治療院を開業する道を選びました。

父の収入が、それまでに比べて大きく下がったこともあり、母は生活を支えるため、これまでの仕事を続けながら、さらにもう1つの仕事をはじめることにしました。
当時の生活は当然ながら、あまり豊かなものではなかったと思います。兄妹が3人いたこともあり、誕生日プレゼントや家族旅行、外食をするといった特別な機会はほとんどありませんでした。周りの友人が楽しそうに話すそれを、時には羨ましく思うこともありました。
しかし、母が一生懸命働いていてくれていたこともあり、決して貧乏だと感じることはなく、笑顔が耐えない明るい家族だったと僕は思っています。

ただ、大人になって、物事をいろいろな方向から見られるようになり、思うことがあります。
父が迎えた人生の転機は、決して幸運なものではなかったと思います。視野障害を負っても、家族のためにすぐに新しい道を選び、子どもの前では決して愚痴をこぼすことのなかった父は、とても前向きで尊敬できる人です。
ですが、そんな父をもっとも苦しめたのは、”収入”だったのではないかと思うんです。

障がいを持った方だからこその、苦労や苦しみはたくさんあると思います。
その中でもとても切実な問題は”収入”、お金のことだと私は思います。

もしも父が、そのことを負い目に感じているとしたら、”誰が”ではなく、そう父に感じさせてしまった事自体が、家族全員にとっての”一番つらい思い”なのではないでしょうか。

私は私の家族も、私とは違った境遇の家族も、このような思いを抱えることのない社会の仕組みをつくり、実現していきたいと考えています。

労働組合を通じて感じた「いま」

「おにぎり食べたい」それすら叶わない現実がある

2007年7月「おにぎり食べたい」と日記に書きつづり、一部ミイラ化した52歳男性が、遺体となって北九州で見つかったという事件がありました。
この話を問題提起した、当時勤務していた労働組合トップの
「福祉を志す人は、想像力をめいいっぱい働かせる必要がある。
    どんな事にも耳を傾け、状況を想像し行動しろ。」
という言葉は、それまでの自分と、世の中の見方を大きく変えました。

「いま」が無ければ、その人の未来はない

労働組合で働いていた私は、幸運にも、多くの人と手を取り合って行動を起こすその大変さと、その重要さを感じる機会が少なからずありました。そういった活動が、国を動かす力になり、社会、そして福祉を取り巻く環境をより良くすることが出来るという事も深く理解しているつもりです。
ですが、それには膨大な時間がかかってしまうということも現実としてあります。

だとすれば「いま」当事者として、つらい思いを抱えた方々は、いつそこから脱することができるのでしょうか。

当事者の「いま」を支える、それが BTOK を立ち上げて私がやりたいこと

私は労働組合を退職し、「いま」を支える、という道を選びました。
ですが社会、そして福祉を取り巻く環境をより良いものにしていきたい、という思いは、活動の手段は違えど同じだと思います。
労働組合の活動が、いま以上に大きな流れとなり、社会全体を変える日がくるまで、私はつらい思いを抱えた方々を、「いま」を、支え続けたい。そう思っています。